潤いのあるお肌に変身│40代からのスキンケア方法を徹底的に調べる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの湿疹

ウーマン

治りにくい赤ちゃんの湿疹

清潔にしていたはずなのに赤ちゃんの皮膚にできてしまった湿疹。急いで専門医に診察して貰っても、アトピー性皮膚炎なのか、乳児湿疹であるのか診断がつかないこともあります。ここでは、見分けがつきにくい、赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹についての違いや、治療法などを紹介します。まず、乳児湿疹は赤ちゃんの皮膚にできる湿疹を指します。赤ちゃんの肌は非常にデリケートなため、少しの刺激や肌ストレスなどでトラブルにつながることも多いです。乳児湿疹ができる理由は様々で、肌に赤みが現れたり、水ぶくれやかさぶたになる場合もあります。主に顔面に症状が現れる場合が多いですが、背中や腹部など全身に渡り症状が出る場合もあります。生後2週間ぐらいの時期から湿疹が現れ始め、およそ1年程度で症状が良くなるのも乳児湿疹の大きな特徴です。一方のアトピー性皮膚炎も、乳児湿疹と似た様な赤味や湿疹が現れます。しかし、症状が現れる部位が顔面や頭部の他に、腕や脚の関節部分や耳の後ろなどが多く、強度の痒みが生じます。また、痒みや湿疹が改善と悪化を慢性的に繰り返すのもひとつの特徴です。アトピーはアレルギー症状であるため、原因は赤ちゃんが持つ体質とも言えます。アトピーの疑いがあるなら、原因となるアレルギー物質の特定をすると良いでしょう。赤ちゃんに湿疹の症状が出たら皮膚科や小児科を受診します。症状によって医師の診断がつかない場合は、まず乳児湿疹として治療が始まります。一定期間の治療で改善が見られない場合は、アトピー性皮膚炎の治療が行われます。アトピーの治療は医師の指示通りに行いましょう。薬の副作用が気になる場合は遠慮せず医師へ相談すると良いです。自宅では、アレルギー物質をなるべく避け、赤ちゃんの肌を乾燥させないケアや柔かな生地の服を着用させるなど、肌ストレスを極力与えない環境を整えると悪化を防げるでしょう。赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐために、化粧水やクリームで保湿ケアすることも大切です。